沖縄といえばどこ?お勧めスポット!

美ら海水族館へ行こう!

開館して15年以上経ちますが未だ人気が衰える事のない沖縄県北部に在る美ら海水族館。 名称だけでも聞いた事がある人が多いのではないでしょうか。 ジンベエザメを中心にしていますが、その他にも触れる生き物が海洋生物がいたり、 マナティーやウミガメ、亜熱帯沖縄特有のきらびやかな魚達もいます。 そのジンベエザメの泳ぐ「黒潮の海」の水槽は、目玉にしているだけあって一際巨大で、 ジンベエザメと共に泳ぐ魚達をよりよく見せようと、館内は薄暗くされています。 光が天から降りてくる美しさにもかかわらず、ダイビングをしている時以上の自由さと、 巨大なスクリーンで見る映画さながらの迫力は圧巻で、 ゆったりとした時間を過ごせるように、眼の前にカフェも開店しています。

少しでも安く入館するには前売り券を買おう

美ら海水族館の入館料は大人は一人1,850円しますが、
大体の方は家族や友人、恋人と複数で入館されるのではないでしょうか。
入館料を少しでも安く出来れば、ワンランク上の料理に舌鼓を打ったり出来るというものです。
前売り券は那覇空港は勿論、道の駅やコンビニエンスストアにて売っていますので、
那覇からの小休憩がてら購入するのも良いです。
那覇空港から美ら海水族館迄の距離は高速道路を使用して約100km程度ですが、
沖縄には電車がなく、移動はもっぱら車となりますので、
朝からのんびり海沿いをドライブしながら、美ら海水族館へ向かっては如何でしょうか。
帰りは、黄昏時の夕日の映る西海岸を走るのも趣きがあって良いですよ。